U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約を徹底的に調べた結果

U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約』を調査してるんですよね?

>>『U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約』の詳細はコチラ

【U-NEXT】31日間無料トライアル

◆31日間無料トライアルの特典◆

 1.見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
   最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

 2.600円分のポイントプレゼント!
   DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

 3.追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

僕もU-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約にすごく関心があってU-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約をいっぱい調べている途中です。。

下のリンクに関連した情報があります。

ウェブにも、U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約に関してジワジワと話題になってますね。

このサイトは、U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約についてジャンルに限らず、ラインやおうんどメディア・メルカリなどでで調べた情報を調べながら、当サイトに訪問してくださったみなさんにためになる情報をお届けしていくサイトにしていく予定です。

U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約の極秘情報

最新の情報を入手したらすぐに当サイトに更新していきます。
U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約の知っておいて損はない常識的なことから、まだ誰も知らない情報まで公開していきますので楽しみにお待ちください。

>>最新『U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約』情報

U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約の最新情報

情報が入り次第公開予定




▼人気のU-NEXT動画▼



マル秘情報が私の耳に入るまで、僕のU-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約とは関連するかどうかは別として、『U-NEXTに関する質問と回答』に関するブログを書かせてもらいます。

U-NEXTについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

下記のマクロについて改善方法を教えてください 【処理内容】 ?同一…

下記のマクロについて改善方法を教えてください



【処理内容】

?同一階層すべてのファイルに処理を実行する。 (サブフォルダを含む)

?アクティブファイルと同じパス、同じファイル名でPDFのコピーを作成する。

?PDFにはすべてのシートを対象とし、ファイル単位に作成する。



【質問事項】

・処理が期待通りの動作を致しません。下記マクロの改善方法を教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。



【マクロ】

Option Explicit

Sub S0210()



Dim TargetExt As Variant

TargetExt = Array(xlsx、 xls、 xslm) ‘特定拡張子(適宜変更して下さい)



‘高速化のためエクセルの再描画を抑止する

Application.ScreenUpdating = False



‘再帰呼び出しを実行する

Call recursive(TargetExt、 ThisWorkbook.Path)



‘エクセルの再描画を再開する

Application.ScreenUpdating = True

End Sub



‘再帰呼び出し

Sub recursive(TargetExt As Variant、 Path As Variant)

Dim fso As Object、 file As Variant、 ext As Variant、 folder As Variant

Dim bk As Workbook

Set fso = CreateObject(Scripting.FileSystemObject)



‘指定されたPath内の全てのファイルについて繰り返す

For Each file In fso.GetFolder(Path).Files



‘ファイルがこのブック以外で、かつファイルの拡張子が指定された拡張子のとき

For Each ext In TargetExt

If file.Name <> ThisWorkbook.Name And ext = fso.GetExtensionName(file) Then



‘ファイルを開く

Set bk = Workbooks.Open(file)



‘全てのシートを選択し、PDFとして保存する。

Dim i As Long

Dim sh As Worksheet

Dim targetSheets() As String

Dim myFileFullName As String

Dim Thisbook_path As String



ReDim targetSheets(0)



For Each sh In ActiveWorkbook.Worksheets

If sh.Visible = xlSheetVisible Then

ReDim Preserve targetSheets(i)

targetSheets(i) = sh.Name

i = i + 1

End If

Next sh

Thisbook_path = ThisWorkbook.Path

If targetSheets(0) = Then Exit Sub



Worksheets(targetSheets).Select



myFileFullName = ActiveWorkbook.Name



ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF、 Filename:=Thisbook_path & & myFileFullName & .pdf、 Quality:=xlQualityStandard、 IncludeDocProperties:=True、 IgnorePrintAreas:=False、 openafterpublish:=False



‘エクセルのアラート表示を抑止する

Application.DisplayAlerts = False



‘保存する必要があれば上書き保存する

If Not bk.Saved Then bk.Save



‘ブックを閉じる

bk.Close False



‘エクセルのアラート表示を再開する

Application.DisplayAlerts = True

End If

Next ext

Next file



‘指定されたPath内の全てのサブフォルダについて繰り返す

For Each folder In fso.GetFolder(Path).SubFolders



‘再帰呼び出しを実行する

Call recursive(TargetExt、 folder)

Next folder





End Sub

(質問のあった日:2017年2月10日)

Call recursive、End Sub、bk.Close False、If targetSheets、Path As Variant、w.GetFolder、b.Nameについてのご質問のようですね。


このU-NEXTに関する質問に対する回答

マクロで組むと、ファイルやフォルダを扱う場合、何かやっかいに思えてなりません。



そこで、外部から(エクセルから離れて)「VBScript」でプログラムを組みましたので、「Windows限定」です。



以下のプログラムをメモ帳かテキストエディタに貼り付けて、「〜.vbs」という名前で保存してください。



「〜」の部分は、何でもかまいませんが、「.vbs」の部分は、必ず半角です。



これから「D:pdf」のフォルダを含めて、その下層のフォルダもすべて調べ、すべてのエクセルファイルをファイル単位でpdf化したい場合、「D:pdf」フォルダの中に、できたプログラムファイル(「〜.vbs」ファイル)を放り込んで、ダブルクリック(「シングルクリック」→「Enter」の方が確実)で実行します。



すべての処理がすむと、最後に「Finished!」と表示しますので、「OK」を押して、終了してください。



Option Explicit

Public a、 b、 c、 d、 w、 x、 y、 z

Set w = CreateObject(Scripting.FileSystemObject)

Set x = CreateObject(Excel.Application)

x.Application.DisplayAlerts = False

x.Visible = False

a = w.GetFolder(.)

Set y = w.GetFolder(a)

Call t

Call u



Sub t

For Each b In y.Files

c = LCase(w.GetExtensionName(b.Name))

If c = xls or c = xlsx Then

Set z = x.Workbooks.Open(y & & b.Name)

z.ExportAsFixedFormat 0、 y & & w.GetBaseName(b.Name) & .pdf

z.Close

End If

Next

End Sub



Sub u

For Each d In y.Subfolders

a = d.Path

Set y = w.GetFolder(a)

Call t

Call u

Next

End Sub

Set z = Nothing

Set y = Nothing

Set x = Nothing

Set w = Nothing

MsgBox(Finished!)



簡単な説明です。



Option Explicit



「厳密に」というような意味ですが、気にしないでください。



Public a、 b、 c、 d、 w、 x、 y、 z



「Dim」による変数の宣言ではなく、「Public」で変数を宣言しているので、すべての「Subプロシージャ」で共通の変数になります(変数の値を引き渡す必要がありません)。



しかし、普通は、このような組み方はダメですが、私は、こちらの方が分かりやすいのです。



Set w = CreateObject(Scripting.FileSystemObject)



ファイルやフォルダを扱えるようにしています。



Set x = CreateObject(Excel.Application)



エクセルを扱えるようにしています。



x.Application.DisplayAlerts = False

x.Visible = False



「上書きしますか」などと聞いてこないように、また、エクセルを表示しません。



a = w.GetFolder(.)



自分自身(「〜.vbs」)が存在するフォルダを取得しています。



Set y = w.GetFolder(a)



そのフォルダを「Get」しています。



Call t



Subプロシージャ「t」を呼び出しています(ファイル単位のpdf化Subプロシージャ)。



Call u



Subプロシージャ「u」を呼び出しています(サブフォルダを再帰的に処理するSubプロシージャ)。



Sub t



ファイル単にpdf化するSubプロシージャ。



For Each b In y.Files



そのフォルダに存在するすべてのファイルを1つずつ処理。



c = LCase(w.GetExtensionName(b.Name))



「GetExtensionName()」は、「Scripting.FileSystemObject」の機能を使って(「w.」)、拡張子を取得しますが、「LCase()」関数によって、すべて小文字にしています。



If c = xls or c = xlsx Then



拡張子が、「xls」または「xlsx」の場合は、



Set z = x.Workbooks.Open(y & & b.Name)



そのファイルを開いています。



z.ExportAsFixedFormat 0、 y & & w.GetBaseName(b.Name) & .pdf



ファイル単位にpdfにしています。



「GetBaseName()」は、拡張子を除く、ファイル名です。



z.Close



開いたエクセルのファイルを閉じています。



を繰り返しています。



Sub u



再帰的にサブフォルダを巡回するSubプロシージャ。



For Each d In y.Subfolders



現在のサブプロシージャの中(下)のサブプロシージャを1つずつ処理。



a = d.Path



そのフォルダのパスを取得。



Set y = w.GetFolder(a)



それを「Get」。



Call t



pdf化Subプロシージャを呼び出しています。



Call u



自分自身を呼び出しています。


U-NEXTに詳しい管理人からの補足コメント




◆以下でどうなりますか



添削するのも何なんで・・・・



変更点は、



1)ファイル名判別

Dir() と違い、隠しファイルも取得するので、

元ファイルの一時ファイル? ~$ファイル名 を除外

(もしくは、~$ 始りのものは全部除外するとか・・・)



2)拡張子判別

拡張子は大文字の場合もありうるので、小文字にした後比較するように



3)PDF 化

そのままブック単位で ExportAsFixedFormat すれば、

非表示シートは出ないみたい・・・





Option Explicit



Dim oFso As Object

Dim sBasePath As String

Dim sBaseName As String



Public Sub Samp1()

Set oFso = CreateObject(Scripting.FileSystemObject)

sBasePath = ThisWorkbook.Path &

sBaseName = ThisWorkbook.Name

Application.ScreenUpdating = False

Call Samp1Sub(sBasePath)

Application.ScreenUpdating = True

Set oFso = Nothing

End Sub



Private Sub Samp1Sub(vPath As Variant)

Dim ws As Worksheet

Dim vF As Variant、 v As Variant

Dim sFile As String

Dim bGo As Boolean



For Each vF In oFso.GetFolder(vPath).Files

For Each v In Array(、 ~$)

If (vF.Name = v & sBaseName) Then Exit For

Next

If (IsEmpty(v)) Then

bGo = False

Select Case LCase(oFso.GetExtensionName(vF.Name))

Case xlsx、 xls、 xlsm

bGo = True

End Select

If (bGo) Then

sFile = sBasePath & oFso.GetBaseName(vF.Name) & .pdf

With Workbooks.Open(vF.Path、 ReadOnly:=True)

.ExportAsFixedFormat _

xlTypePDF、 sFile、 xlQualityStandard、 True、 False、 、 、 False

.Close False

End With

End If

End If

Next



For Each vF In oFso.GetFolder(vPath).SubFolders

Call Samp1Sub(vF.Path)

Next

End Sub




U-NEXTの月額料金で見放題の評判 > 【新着情報】U-NEXT(ユーネクスト) > 『U-NEXT(ユーネクスト) 月額 解約』の聞いて驚く初耳学とは?|下記のマクロについて改善方法を教えてください 【処理内容】 ?同一…

『U-NEXT(ユーネクスト) 現在ご利用中のサービスはありません』の【衝撃映像】|ひかりTVやユーネクストのビデオサービスの見放題に入ってるタイトル...
『U-NEXT(ユーネクスト) 劇場版名探偵コナン』について世紀の大発見をしてしまった!!|スマホでPC画面を録画することはできますか

関連記事一覧

『U-NEXT(ユーネクスト) 堤 天心』がSNSで炎上?その理由とは?|ニコニコ生放送って末期だと思いませんか? 今時、追い出し機能なんか…

U-NEXT(ユーネクスト) 堤 天心を徹底的に調べた結果 『U-NEXT(ユーネクスト) 堤 天心』を調査してるんですよね? >>『U-N...

『U-NEXT(ユーネクスト) モッピー』についての天才すぎる発想が宇宙レベル|iPhoneミラーリング PanasonicのYouTubeとかブラウザとかその他もろも…

U-NEXT(ユーネクスト) モッピーを掘り下げて調査 『U-NEXT(ユーネクスト) モッピー』を探しているのですね。 >>『U-NEXT...

『U-NEXT(ユーネクスト) アクセス』をもっと深く知るために。|スマホでTBSオンデマンドをみたいのですが、低画質で一時間視聴すると…

U-NEXT(ユーネクスト) アクセスを徹底的に調べた結果 『U-NEXT(ユーネクスト) アクセス』を調査してるんですよね? >>『U-N...

『U-NEXT(ユーネクスト) ブログ』の笑えない話。|東進の速習講座と通期講座ってなにが違うんですか?

U-NEXT(ユーネクスト) ブログについて調べてみた 『U-NEXT(ユーネクスト) ブログ』を調べたいのですか? >>『U-NEXT(ユ...

『U-NEXT(ユーネクスト) 問い合わせ』には実は奥深いメッセージが込められていた?|新しく音楽プレーヤー買おうと思います iPod touchのようにネットがで…

U-NEXT(ユーネクスト) 問い合わせを掘り下げて調査 『U-NEXT(ユーネクスト) 問い合わせ』を調査してるんですよね? >>『U-N...